FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦大知 Only you 歌詞 

カテゴリ:三浦大知

息が白くて星も見えない12月の夜に
ふるえた声が携帯の向こうからこだまする

胸の痛みは今だに消えてはいないんだけど
傷つく事を恐れたら二度と会えない

気付けば僕は君の目の前に立っていて
凍える体を抱き寄せていた
例え誰か違う温もりと重ねられても構わない

ほどけた二人のキスが語るモノは oh
舞い散る雪を染める切ない春の訪れ
Only you

過去も未来も今は真っ白にしか映らない
隣り合うこの時間(とき)だけが色づいている

気付けば僕と君は寄り添って歩いていて
街の光に身を任せていた
包み込む冷たい空気さえも感謝してしまうほど

並べた二人の道が離れないように oh
舞い散る雪の中で君の手を離せない
Only you

時計の針が動き出した oh

あの日の苦しみが流れ星みたいに
願い事を叶えて消えていく

空白を埋めてく鮮やかな想いが 降り積もるよ

かじかむ指をキツく握りながら oh
重ねる君との体温 作る気持ちの結び目
ほどけた二人のキスが語るモノは oh
舞い散る雪を溶かす淡い春の訪れ
Only you

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigakennkyuu.blog94.fc2.com/tb.php/466-16181f16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。